月別アーカイブ: 2013年9月

クオリティオブライフ

quality of life

直訳は、生活の質です。先進国から開発途上国まで共通の単語として使われています。

文元歯科医院の診療は、QOLの向上です。

QOLの向上といっても、考え方や価値観は十人十色です。来院者が願うお口になるように治療して、定期健診で口腔内や食生活を確認します。さらに口腔内から生活へ視点をひろげます。

よく噛めて、よく眠れ、痛みがなく、痛むときは苦痛にならず、心理的に安定した生活を送れるように支援します。

QOLと絡み合うもの

QOLは複数の要因が絡み合っています。これらひとつひとつをスタッフといっしょに考えながらQOLを向上していきましょう。

家庭環境

  • 家族の協力がある
  • 食生活に気をつかっている

社会環境

  • 予防歯科の歯医者さんが近くにある
  • 職場の昼食のあと、みんなが歯を磨いている
  • 職場で定期健診がある

ライフスタイル

  • 定期健診を受診するようになった
  • 歯磨きが上手になった
  • 甘いものの取り方を変えた
  • フッ素を利用するようになった

私自身

  • 虫歯や歯周病に関心を持つようになって、知識が高まった
  • 健康を意識するようになった

お口の中で起こっていること

  • 虫歯菌や歯周病菌が増える状態が少なくなった
  • 唾液の量が増えた

お口の中が健康に

  • 歯が痛くなくなった
  • よく噛めるようになった
  • 人前で思いっきり笑えるようになった
  • 虫歯が一本もなくなった
  • 歯並びがきれいになった
  • 歯のぐらぐらが止まった
  • 入れ歯がぴったりあうようになった
  • 口臭がなくなった

セルフケア

歯みがきしているスタッフ

セルフケアを古くから使われている言葉で表しますと、”養生”にあたります。自分で自身の健康に注意を払って良い状態に保つことです。 文元歯科医院は定期健診の間隔をご自身で決めてもらっています。

治療のときに交わした会話やカルテ、お口の性質や状態をもとに、スタッフが定期健診の内容を説明いたします。

  • 毎月 – 予防的治療で主に歯周病の人
  • 3ヶ月に1回 – 虫歯や歯周病に罹患するリスクがある人
  • 6ヶ月に1回 – 健康増進の人

お口や生活の状況によって定期健診の間隔は変わります。なるべく負担が少なく、無理のない間隔をスタッフといっしょに話し合ってください。

フッ素のはたらき

フッ素は虫歯予防

  1. 歯に働きかける
  2. エナメル質に耐酸性の強い結晶を作ります(フルオロアパタイトの生成)
  3. ごく初期のムシ歯なら自然に再修復してくれます(再石灰化の促進)
  4. 歯質強化
  5. 口の中の環境(プラーク・唾液)に働きかける
  6. 抗酵素作用と抗菌作用
  7. 細菌の働きを抑制して酸を作らないようにします(酸産生の抑制)

フッ素は安全?

フッ素は自然界の物質で私たちが毎日食べるものの中にも、含まれています。しかしフッ素は、塩と同様で、からだに必要なものでありながら、大量に摂取すれば害になることがあります。

  • さかな
  • 海草
  • 人参
  • じゃがいも
  • 緑茶
  • りんご
  • 牛肉・ミルク

フッ素は虫歯予防

歯科医院や保健所、自宅でフッ素

フッ素塗布
歯科医院や保健所でフッ素塗布します。3-6ヶ月の定期健診をおすすめします。定期的に塗布しないと効果がありません。
フッ素入り歯みがき剤
フッ素入り歯みがき剤をつけて歯をみがきます。
フッ素洗口
フッ素が入った液体で毎日うがいをします。

シーラント – フッ素は歯の平らな面に効果あり

奥歯の噛む面の溝は深いため、歯ブラシが届きにくくなり、食べかすやばい菌がたまります。この溝にシーラント材をつめて、汚れがたまりにくい、歯ブラシが当たりやすい表面にします(シーラントは保健でおこなえます)。

咬み合わせ

初診の噛み合わせ

初診の噛み合わせ

適切な噛み合わせ

適切な噛み合わせ

咬み合わせ

  • 抜けたままの歯がある
  • 上下の咬み合わせが悪い(出っ歯・受け口など)
  • 歯並びが悪い(八重歯・乱杭歯など)
  • 治療していない虫歯がある
  • 義歯や充填物を入れている
  • 親知らずが不正な方向に生えてきた
  • グラグラする歯がある

歯はチームワーク

1本抜けると歯並びはかわります。抜けた歯に隣接する歯が、失った部分を補おうとするからです。

全部の歯がそろって、はじめて正常に機能できる仕組みになっています。不正咬合のままだと歯を失うリスクが高まります。虫歯・歯周病の治療、矯正治療が必要です。

適切に噛めると

  • 肥満防止
  • 生活習慣病の予防
  • 発ガン物質の毒性が減少
  • 消化を助ける
  • 脳が活発になる
  • 味覚が発達する
  • 老化防止
  • 集中力が接続する
  • ことばをきちんと発音できる