医院紹介」カテゴリーアーカイブ

文元歯科医院を紹介します

新人スタッフ奮闘記: ポケットにはいった2冊のノート

ずっと心がけていること

初めまして。受付・歯科アシスタントとして働いている今津です。昨年の12月末から文元歯科医院の一員となってはや7ヶ月が経とうとしています。覚えないといけない業務や勉強したいことなどがたくさんあって、まだまだ未熟です。そんな私ではありますが、文元歯科医院で働き始めてからずっと心掛けていることがあります。

それは、

  • 「患者さんが来院された時、また治療が終わって医院を出る時は必ず笑顔で挨拶をする」
  • 「自分が一度アシストについた患者さんの顔と名前は覚える」

です。

やっぱり自分がそうされると嬉しいからです。自分が覚えている患者さんにお会いすると、

  • 歯の調子は良くなったかな
  • 前回はあんな話をしていたかな
  • 今日は治療のアシストがうまくできるかな

などいろいろと考えます。

患者さんのお口の状態が以前よりも良くなっていると、私もすごく嬉しいですし、患者さんが頑張っているんだから自分も頑張らないと反対に励まされます。

また初めてお会いする患者さんには、「どんな方だろう」「楽しく会話したりちゃんとアシストできるかな」などと自分なりに頭をフル回転させながら患者さんを診療室のチェアーに案内したり治療の準備にかかります。

白衣のポケットにはいった2冊のノート

私の白衣のポケットには私の必須アイテムである2冊のノートがいつも入っています。文元歯科医院で働き始めたてのころ、何もできず先輩スタッフの働く様子をただ見学する日々が続きました。診療中先輩スタッフやドクターが手の空いた時、また診療後にも受付やアシスタントの仕事内容を一から教えていただきました。

その時に教わった内容を小さなノートにまとめ、仕事中にわからなくなったら見えるようにポケットに常備しています。すでにノートの中身は覚えてしまい、まったくといって目をおとす機会はないのですが、いつのまにかポケットに入っていることに慣れてしまいました。そのため今ではいつも入っていないと落ち着かず、私のお守り的な存在になっています。

そして、これから勉強することを書くために現在製作途中の2代目ノートをいっしょに白衣のポケットに入れています。初代のノートを見ると、少し前までは仕事中だけでなく通勤電車内でも読んで、ノートに書き記した内容を一生懸命覚えようとしていたのに、いつの間にか見なくても仕事がスムーズにできるようになっている自分に気づき嬉しくなってしまいます。

まわりのスタッフに助けられ、患者さんの笑顔や何気ない一言に励まされながら、日々楽しくお仕事させていただいています。ベテランのスタッフの方々にくらべると、まだまだ頼りない部分はありますが、患者さんが安心して気持ちよく治療を受けていただけるように頑張ります。

2007年7月21日 受付・歯科アシスタント 今津加央里

新人スタッフ奮闘記: 毎日小さな部屋で

"夢"は?と聞かれると私は必ず「看護婦さん!!」と答えていました。そうです、私の"夢"は看護婦さんになることでした。理由は2つあります。1つは白いナース服できびきびと働く姿に憧れたこと。2つ目は母の入院です。私に何か医学的な知識があれば、母を入院させてしまうことは無かったのではないかと考えたからです。その後大きくなった私は看護学校に入学しました。始めは私の"夢"に一歩近づけたという喜びでいっぱいでした。

ところが、テレビのドキュメンタリーやドラマではなく、実習を通して仕事としての看護師を見たとき、私の中である気持ちが出てきました。「本当に私がしたかった仕事はこういった仕事やったかな…..?」
今思えば私の中には憧れの方が強かったのだと思います。

ただ自分の道に疑問を覚えても道を変えるということには大きな勇気が必要でした。1つ目の勇気は母に自分の気持ちを伝えること。看護師になる道を選んだときに一番喜んでくれたのが母でした。その母の気持ちを思うと辞めたいとはなかなか言えませんでした。そして2つ目は違う道を歩くための勇気でした。看護師という道しか考えていなかった私はいっきに未来の地図を失ってしまうのです。

未来の地図を失いかけたとき見た「夢」

未来の地図を失うのは本当に怖いことでした。しかし私の気持ちは看護師には向かっていません。本当に悩みました。そんな時私はある「夢」を見ました。それは、白いナース服に着替える女性の隣で私も同じようにナース服に着替えているというものでした。私の通っていた学校は病院の付属の学校だったため、実習もその病院で受けていました。だから通い慣れた病院の更衣室はよく知っています。しかし「夢」に出てきた更衣室はもっと小さくて見たこともない部屋でした。

卒業後はほとんどの女性が付属の病院に勤めることになっていたので、その夢は私に少しの衝撃と大きな勇気を与えてくれました。「この夢は私に新しい道を探せということなんや!!」
私はそう思うことにしました。少し強引かもしれませんが…(笑)
私の大きな一歩のきっかけになってくれました。初めは反対していた母も理解してくれ、あとは私の新しい地図探し。

文元歯科医院との出会い、そしてまだ出会っていない来院者の方々

求人誌で私の新しい未来を探しているとなぜか「文元歯科医院」のところで目が止まりました。そして早く電話しなければという気持ちが心の中から沸き起こり、気がつけば電話したあとでした。もちろん電話しているときも、その後も記憶はしっかりあります。ただうまく表現できませんが、脳で考えて行動したというよりも身体が勝手にと言ったほうがあてはまる。そんな不思議な出来事でした。「文元歯科医院」で働くようになって4ヶ月になります。だんだんと仕事にも慣れてきたある日「おはようございます」とドアを開いた瞬間、あの「夢」の情景が頭の中をめぐりました。私の隣には白いナース服に着替える女性が、そしてここの小さな更衣室…..。

"運命"というものがあるかどうか分かりません。しかし私がここにいるのは"運命"…。だとしたら一緒に働くスタッフや日々来て下さる患者さんと出会えたのもまた運命なのかもしれません。どんな方に出会えるのかそんなことを考えながら今日も小さな部屋で白ではないけれどナース服に着替えています。

2007年7月21日 受付・歯科アシスタント 濱田香織