妊娠とタバコのこと

赤ちゃんへの影響

trending_down 出産時の低体重

喫煙量と胎内の赤ちゃんの体重が指摘されています。
喫煙量が多いほど新生児の体重は少ない傾向にあります。
非喫煙者の新生児と比較した場合、170〜250グラム少なくなります。

喫煙は赤ちゃんに最も悪い影響を及ぼします。

また未熟児出生のリスクは、非喫煙者より2〜3倍です。
知能や発達の遅れ、また発育にも悪影響です。
なぜなら喫煙によって母体の血管が細くなってしまうため、赤ちゃんに十分な栄養や酸素が届かないからです。

流産の原因と可能性

priority_high 流産・早産の可能性

流産の原因の多くは胎児の染色体異常ですが、1日20本の喫煙者の流産率は非喫煙者の2倍超という報告があります。
また早産も同様で、早産率は非喫煙者の約1.5倍高いと報告されています。

*表参考・日本産婦人科医会・先天異常委員会委員

受動喫煙

smoking_rooms 受動喫煙のリスク

受動喫煙とは、他人のたばこの煙を非喫煙者が吸わされることです。
受動喫煙は、喫煙者本人よりもニコチンを倍以上吸い込んでしまいます。
受動喫煙により非喫煙妊婦であっても低出生体重児の出産の発生率が上昇する、という研究報告があります。

母胎への影響

sentiment_very_dissatisfied 口臭や歯槽膿漏

たばこは歯周病を悪化させ、口臭の原因になります。妊娠中は特に歯周病が進行しやすいため、たばこの影響を受けやすくなります。

妊娠中のたばこの影響のまとめ

  • 出産時の低体重
  • 流産・早産の可能性
  • 受動喫煙でも喫煙者と同様
  • 口臭や歯槽膿漏

気をつけたい食べ物やバランスよい食事のこと

妊婦さんのためのチェックリスト