妊産婦と虫歯のこと

妊婦は虫歯になりやすい

sentiment_dissatisfied 口の中が酸性状態に

ものを食べると口の中は酸性化します。
唾液は、その酸性状態を中和します。
酸性状態を中和できなくなると虫歯になります。

妊婦の子宮は大きくなっています。子宮が胃を圧迫すると、少量の食べ物を何度も口にしたくなり、食事の間隔が短くなりがちです。
すると、唾液での中和時間が足りず、酸性状態が続き虫歯が増えます。

妊娠中の虫歯治療

不安や心配をひとりで抱えないでくださいね。
基本的に治療をしても問題ありません

たとえば抜歯治療の場合、麻酔を使います。
その麻酔は、少量の局所麻酔です。
赤ちゃんへの影響はありません。
麻酔の効果が切れたあと、痛み止めの薬を服用する場合、母胎へ影響のない薬を処方します。

レントゲン撮影

もしレントゲンを撮影しなければならない場合、口の部分のみに照射します。
お腹周りには放射線を防護するカバーをかけますので問題ありません。

虫歯の治療時期

虫歯がひどいとき、どのタイミングでも受診をおすすめします。

妊娠初期(妊娠2〜3ヶ月頃)はつわりもひどく、安定期ともいいにくく、はげしい痛みを伴う長時間の治療は避けたほうがよいでしょう。
妊娠中期(妊娠5〜8ヶ月頃)にさしかかると、安心して受診していただけます。

妊娠前の治療が大切です。
もし歯周病や虫歯かもしれない?と思ったら、早め早めの治療を心がけてくださいね。

妊娠中の虫歯予防

check フッ素の利用

looks_one フッ素入り歯磨き粉

家庭でのフッ素を利用した一般的な予防は、フッ素入り歯磨き粉を使った歯磨きです。
歯磨きしたあとは、すすぎすぎないようにしましょう。
すすぎすぎに注意しても、フッ素は流れ出てしまいます。
なので虫歯の予防効果は30%程です。

looks_two フッ素洗口

1日1回30秒のブクブクうがいを毎日続けると、50〜80%の予防効果があります。

playlist_add_check フッ素の効果

  • 初期虫歯を治す
  • 歯を強くする
  • 虫歯菌の働きを抑える

いま虫歯になっていても、それ以上進行させないように心がけてください。
虫歯になりにくい(虫歯を進行させない)お口の環境にしていきましょう。

check 妊婦歯科健診の利用

口内チェックをし、適切な指導と専門的なケアをしてもらいましょう。

コツコツと虫歯予防

妊娠中は虫歯になりやすい時期です。
その点に注意して、お口の中を清潔で健康にしておくことが、赤ちゃんの歯と健康を守ります。
生まれてくる赤ちゃんのためにも、自分のためにも、コツコツと予防していきましょう。

妊婦さんのためのチェックリスト