母胎と歯周病のこと

初産の早期低体重児出産の危険率

以前から歯周病と母胎の関連が指摘されています。
歯周病によって早産のリスクは、約7倍高くなるとわかっています。

初産の早期低体重児出産の危険率

歯周病が引き起こす胎児への影響

歯周病が悪化すると、炎症を引き起こす物質が生み出され、歯周組織を破壊します。
この炎症を引き起こす物質は、胎盤も刺激します。
すると、出産の準備が整ったものと判断してしまい、陣痛や子宮が収縮され、早産を引き起こします。
妊娠中は特に口の中を清潔に保つように心がけましょう。

歯周病が引き起こす胎児への影響

妊娠性歯肉炎

妊娠中、つわりや環境の変化から口の中が悪くなりがちです。
また妊娠中に分泌される女性ホルモンの影響によって、歯周病菌が活発に動きます。
歯肉炎を引き起こしやすく、しかも進行も速いです。
これを妊娠性歯肉炎といいます。

妊婦さんのためのチェックリスト