胎児の体重のこと

お母さんと赤ちゃんが、妊娠から出産までを無事過ごすために、体の変化に合わせて体重を管理しましょう

multiline_chart 体重管理

妊娠中は体重が増加します。胎盤、羊水、母体の血液増加、貯蔵脂肪などが増えるためです。
体重増加は多くても少なすぎてもお母さんや赤ちゃんの体に負担がかかります。

妊娠中の極端な体重変化と高まるリスク
体重増加が著しく少ない場合 体重増加が著しく多い場合
  • 低出生体重児(2500g未満)分娩
  • 切迫流産
  • 切迫早産
  • 前期破水
  • 妊娠高血圧症候群
  • 巨大児分娩
  • 帝王切開分娩
  • 分娩時の出血量過多など

show_chart 妊娠中の適正体重

妊娠中の適正体重は、妊娠前のBMIを参考にして、計算しましょう。

妊娠前の体重÷身長(m)÷身長(m)

例) 妊娠前が、身長155cm・体重46kgの計算 46÷1.55÷1.55=19.1 (BMIは19.1)

あなたの適切な体重増加の目安は何キロでしょう?

体格区分 推奨体重増加量 妊娠中期〜後期の目安
低体重(やせ) BMI18.5未満 プラス 9〜12kg 0.3〜0.5kg/週
ふつう BMI18.5〜25未満 プラス 7〜12kg(近い方のBMIに合わせる) 0.3〜0.5kg/週
肥満 BMI25以上 個別対応 個別対応

pregnant_woman 低体重児出産

出生体重が2500g未満の赤ちゃんを低体重児といいます。低体重児は、成人後に生活習慣病になりやすいとされています。

現在、日本の赤ちゃんの10人に1人が低体重児です。低体重児の出生率は、昭和55年と比べて約2倍に増加しています。お腹の中で成長しきれなかった赤ちゃんは、生後、高栄養を与えられる環境で育ちます。

すると、赤ちゃんの体内の脂肪細胞は、急激に大きくなります。肥満や高血圧になりやすく、生活習慣病の発症リスクも高くなることが分かってきました。

低体重児が増加した要因

  • 喫煙
  • 飲酒
  • 過度なダイエット
  • 妊娠性高血圧
  • 歯周病
  • 高齢出産

妊娠はとても喜ばしい出来事です。そして、家族単位で健康観を高める絶好のチャンス!!

これから出産という大きなイベントに臨む妊婦さんの不安を少しでも和らげられるよう食事のポイントをまとめました。妊娠を機に家族全員で日頃の食生活を見直し、安心して出産に臨める体と環境を整えていきましょう。

priority_high 体重管理の大事なポイント

厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015年版をもとに、エネルギーや栄養素の摂取量の基準(1日あたり)と、食べ物を表にまとめました。

insert_drive_file体重管理の大事なポイント(PDF:656KB)

pan_tool 間食の目安

間食は上手にとれば栄養補給になります。ただし、甘いお菓子は食べすぎないよう注意が必要です。手のひらサイズでの摂取量で約100kcal、多くても200kcalまで。

市販のものでおすすめの間食

  • 小魚ナッツ(カルシウム補給: 1回30g程度)
  • 野菜チップス(食物繊維補給: 1回30g程度)
  • ドライプルーン(鉄、食物繊維補給: 1回50g程度)
  • こんにゃくゼリー(食物繊維補給: 1回100g程度)
  • 無糖ヨーグルト(カルシウム補給: 1回量100g程度)
  • チーズ(カルシウム補給: 1回量2個30g)

妊婦さんのためのチェックリスト

home