04 指しゃぶり

赤ちゃんが指をしゃぶる行為は、自然な行動と考えられ、成長・発達に伴い、指しゃぶりに対して自然と無関心になっていきます。3歳位まではそのまま自然に見守ってあげましょう。

しかし、5~6歳になってもまだ指しゃぶりが続くようだと、歯並びに影響が出ることがありますので、かかりつげの歯科医へ相談されるといいでしょう。

また、指しゃぶりを止めさせる時は、厳しい注意や強制的な方法は避け、外遊びを多くしたり、興味を他へそらしてあげるなど、お子さんの生活面や心理面へも配慮した対応をとることが望ましいでしょう。